妊娠線を予防するには保湿クリームが有効になる

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

浸透力アップと刺激の問題

ウーマン

ビタミンc誘導体化粧品には色々な種類がありますが、最近では脂溶性と水溶性の両方の性質を有したビタミンc誘導体化粧品が注目されています。何故なら肌への浸透力が優れているからです。また商品を選ぶときは、テスターなどを利用して、刺激の少ない商品を選びましょう。

Read

ニキビ肌の改善に有効です

コスメ

加工していないビタミンcのままだと肌の角質層に弾かれてしまうために、ビタミンc誘導体に加工して化粧水に配合しています。ニキビ肌に使用することで、今までの化粧水よりも高い抗酸化作用があり、ニキビの炎症を抑える効果があります。

Read

皮膚の急激な伸びが原因

妊婦

保湿が効果的

妊娠した女性のお腹に見られることが多い妊娠線は多くの場合は出産後に徐々に目立たなくなっていってしまいますが、中には長い間目立ってしまうという人もいます。一度出来てしまった妊娠線は完全に消えるということは少ないので、出来るだけ予防をするということが大切です。予防をするためには妊娠線が出来てしまうお腹周りの保湿がとても効果的です。妊娠すると急激にお腹が大きくなっていくために皮膚がそれに耐えられず、断裂してしまうことによって妊娠線は出来てしまいます。また、妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの影響で肌から弾力が失われて妊娠線が出来やすい状態になってしまうのです。そのため、肌の保湿に気を使って保湿クリームをしっかり塗るなどのケアで予防することが出来ます。

妊娠初期から注意を

自分はまだ妊娠初期なので妊娠線予防に気を使うのは早いと思っている人もいるかもしれませんが、実は人によっては妊娠初期からしっかりと保湿ケアをしなければならない場合もあります。多くの場合はお腹が大きくなり体重が増加する妊娠5ヶ月〜6ヶ月頃から対策を始めますが、そもそも妊娠線というのは個人差がとても大きいものです。何もしていなくても全く出来ないという人もいれば、妊娠初期のようなかなり早い段階で出来てしまうという人もいるのです。皮下脂肪の多い方や乾燥肌という方の場合は、普通の人よりも出来やすい状態となっているので注意が必要です。また、最初の妊娠では大丈夫だったという人も二人目三人目となると妊娠線が出来やすくなることが多いのでしっかりと予防することが大切です。

ビタミンCで綺麗肌になる

スキンケア

ビタミンc誘導体には水溶性と脂溶性があります。それぞれ効果が違っているのです。またAPPSは双方の特徴を兼ね備えた最新型のビタミンc誘導体になります。ビタミンc誘導体化粧品はそれぞれ含有量が違うのです。大体3%くらいの濃度がオススメになります。

Read