妊娠線を予防するには保湿クリームが有効になる

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

浸透力アップと刺激の問題

ウーマン

ビタミンc誘導体化粧品の存在が、インターネットやメディアで取り上げられるようになってから認知度が少しずつ増してきました。ところでビタミンc誘導体化粧品も新しいタイプの商品が販売されています。それが脂溶性ビタミンc誘導体と水溶性ビタミンc誘導体の両方の性質をもった化粧品です。従来のビタミンc誘導体化粧品は、肌への浸透しにくいという弱点がありました。そのため各メーカーでは肌への浸透率を高めるために、商品改良を進めてきました。その中で生まれたのが脂溶性と水溶性の両方を有するビタミンc誘導体化粧品でした。肌の奥まで成分が浸透することによって、肌の表面だけでなく、肌の奥でひそかに起きている紫外線のダメージまでも抑えてくれるのです。

紫外線などのダメージから肌を守ってくれるビタミンc誘導体化粧品。実際に使用している人も少なくありません。ところでビタミンC自体はもともと酸性であり、刺激のある物質であります。そのため人によっては化粧品を使用することで、刺激を感じる可能性があります。少しの刺激であれば、使用しているうちに肌が慣れてきて刺激をあまり感じなくなるでしょう。しかし刺激を強く感じる場合は、それがもとで炎症を引き起こすかもしれません。そのためビタミンc誘導体化粧品を選ぶ場合は、肌への刺激が少ない商品を選びましょう。ドラッグストアなどの店頭に置いてあるテスターなどで、刺激感をチェックしてみると良いです。